KDL-COMPUTER FORENSIC
english Jananese
KDL コンピューターポレンシック紹介
施設と装備
国際的な水準のコンピューターポレンシックラップと専門家を保有しているし, 国内司法機関のデジタル証拠収集ガイドラインと分析規定, そしてアメリカの 民事訴訟規則である ‘FRCP’を守ります。
経験とノーハウ
毎年数十件のコンピューターポレンシックの調査, 分析と法院鑑定を処理しているし, コンピューター証拠が 司法機関に適切に提出されるようにサービスを提供します。
また, 相応しい訓練を受けたし,多年間の実務経験が豊かな調査者を政府/会社/ローファームの法律専門家に支援します。
研究と開発
数十余類のコンピューターポレンシック方法論を保有しているし, 持続的な研究と開発で調査 範囲を拡大します。
過去に調査が不可能だったものなどが技術の発展で可能になっているし, 訴訟が最終的に完了する最大 10年間ケースたちを保管して管理します。
データ保安
高い水準の保安を維持しているし, 無人警備システム, CCTV, 指紋認識出入り統制などの システム保安と防火壁, VPN などのネットワーク保安を使います。 最高水準の保安が必要な場合, KDLの出張サービスを利用してください。
費用及び時間
データ復旧水準の作業費用を請求しているし, 毎週 100件理想を処理することができます。
業務中断を最小化して直ちに対応するように, 24時間*365日急行処理を支援します。
コンピューターポレンシックサービス及びソリューション
訴訟支援
法院鑑定
E-ディスカバリー
機密流出の調査
各種事件, 事故の調査
コンピューターポレンシックの調査,分析
連絡先(ソウル, 大韓民国)
電話 : +82-2-508-3038
電子メール : kdl@kdl.co.kr